くらしはどうしても移り変わりの長続きなのかもしれない

何時ぞや誰かから聞いた物語で真面目かどうかはわからないのですが、サルの中で勇気のある猿が仲間から離れて言う結果性分に進化して言う、というものがあります。本心少し信じられない部分はありますが、つまりは一変があるのが通じることだという教理はあったと思います。
性分はつい安定を求めてしまいますが、何とか大店頭に入っても満載リストラが行われたり、離別確率も高くなってきたりと安定はどこに生じるんだろうとみんなが思っているのではないでしょうか。元から安定した生活を望む、と考えている時点でもはやいけないのだとも思っています。最初から罠の空いた小舟に乗っていると思っていないと、生涯は胃腸の立つことばかりのような気がします。
だいぶ会社でも統制的背景の事もあります。そういったところでは現状維持でついに一変を嫌うようにする風潮がありますが、結局はやばいヤツに傾くのだろうなあと見ていて思います。ミュゼ 100円 脱毛